夏休みの宿題を“一律”から“個別”に

生徒は夏休み前に、「学力診断テスト」を受験し、個々の弱点を明らかにします。そして教員は、生徒個々で明らかになった弱点を課題として登録し配信します。

学習で生徒一人ひとりに必要な課題を抽出、夏休みの課題として個別配信。

一律の課題では上位層にとっては物足りず、下位層にとっては難し過ぎて解答することができない、ということを解決します。

授業内容はもちろんのこと、家でする宿題の内容も大切です。終わらせる宿題から理解する宿題に転換しましょう。


特集記事
最新記事